おいしいお肉

豚肉の等級と決め方の基準

普段美味しく食べている肉には等級があることをご存知ですか。スーパーによく販売されているものは、質の悪いものではありませんが、それ以上に良質な肉が存在します。専門店や、高級な店で食べられているものなどがそうです。これらは等級が高いものとなります。柔らかさや味などが全く違い、口に入れただけで驚く方が多いようです。もちろん、毎日スーパーで購入している肉の方が、慣れている味で美味しいと言う方もいるでしょう。味覚は人それぞれですが、雑学として違いを知っておくとためになります。

牛では、等級などよく聞くかもしれませんが、豚にも同じように等級があります。日本食肉格付け協会が行っており、内臓と骨を取った後で格付けします。極上、上、中、並と、意外と細かく分けられています。見た目と肉質で決定し、極上では背脂肪の厚さが1.5以上にもなります。食べ応えがあり、肉汁たっぷりなものがランクインします。見た目では全体的なバランスを評価し、肉付き具合や脂肪の量をみます。重さも関係していて、重過ぎず軽すぎないものが選ばれます。綺麗で血がない状態か、傷などがないかチェックを行い終了となります。極上は貴重で、なかなか食べることができないようです。肉質では身の引き締まり具合や色を見ていきます。色には見本があるようで照らし合わせて評価されます。非常に厳しいテストなので、一度は極上を食べてみたいですね。また光沢感があるものも良いそうで、濁って色素沈着しているものは外されます。最終的に、全体の一番下のランクが等級となるので、全てが上の評価の中に一つでも下があれば、評価は下となってしまいます。牛とは違い豚はあまり知られていませんが、極上はやはり格別の旨さだということです。

業務用ロースを仕入れる際には、そのほとんどが大量仕入れになると思います。大量仕入れでは量が多く値段も安くなるので、お客様に多く提供することができます。等級の良いものを提供しようとすれば、お客様の数も限られてくるでしょう。しかし最高級品では、日常では体験することのない美味しさを味わうことができます。豚はこんなに美味しいものだったのかと思ってもらえます。美味しいと思ってもらえることは、料理人にとって最高の喜びではないでしょうか。先ほども書きましたが、味の美味しさはそれぞれなので、味についての評価はありません。料理は自分なりの味付けを楽しんでいきましょう。
参考サイト:【仕入担当豆知識】輸入牛の飼育方法と味わいを分析

-おいしいお肉

関連記事

肉を食べる時は生焼けに注意しよう

肉をメイン食材にする場合、重要なのは生焼けを防ぐことです。牛肉は品質が良ければ生でも問題ありませんが、豚や鶏は要注意です。細菌の問題から食中毒には特に気を付けなければいけなく、一度出すと店が営業停止に …

富山県が誇る肉の魅力とは?

揚げても焼いても美味!ヒレ肉が旨すぎる国産豚銘柄8選も、要チェック! 食の宝庫である富山県の特徴とは 富山県は、標高3,000m級の立山連峰から、水深1,000mの「天然のいけす」と言われる湾を抱いた …

面白味のある鶏肉の名前

焼き鳥が好きな人にとっては、鶏肉の部位を示す名称を熟知しており、その豊かさや面白味のある響きなどと共に、実際に味わった時の風味や食感が口内によみがえるはずです。鶏肉に限らず、食肉としての名称の中には、 …

東京で安い業務用の肉を購入する

東京は日本の首都であるだけでなく1300万人もの人々が暮らす世界有数の大都市です。あらゆる商品やサービスに対する大きな需要がある地域なので、様々なものが集まります。肉料理を提供する料理店にも様々なもの …

東京でランチに肉を食べる

ビジネスマンや学生などランチに肉を食べる人が多くいます。特に営業で働いている人やスポーツをしている人などは体を動かすので体力をつける必要があります。確かにランチで肉料理を食べるのは少々お腹に重いかもし …