おいしいお肉

お肉を食べるならナイフにもこだわる

お肉が大好きで、毎日でも食べたいけれどたまに奮発して、高価なものを購入して食べるのが日々の楽しみだという方は多いでしょう。産地や銘柄など、こだわり出したらきりがありませんよね。そこで、強いこだわりがある方なら特に、ステーキナイフにもこだわってみてはいかがでしょうか。せっかく美味しいステーキでも、上手に切れずにガタガタになってしまったり、丁度良いサイズにならなかったりしてはストレスも溜まりますし、楽しいはずの食事が台無しです。しかも、カットに余計な時間をかけてしまうことで、料理が冷めてしまいますし、貴重な肉汁が流れてしまうこともあります。そういったことが無いように、お肉を切るのにきちんと適したステーキナイフを使用したいですよね。
ステーキナイフには、大きく分けて二種類あります。一つ目が波刃のもの、二つ目が平刃のものです。まず、波刃のものは、その名前の通り、刃の部分がギザギザと波状になっており、ノコギリのような見た目が特徴です。こちらは、赤身を切る際に使われることが多く、特に筋の部分を切ることに長けています。逆に、平刃のものは刃がギザギザしておらず、通常の包丁と同じような見た目をしています。こちらは、すっと刃が入り、スムーズにステーキを切りやすいことが特徴です。そして、肝心の選び方ですが、これはご自分の用途に合うものを選ぶのが一番良いでしょう。まず、切る肉の種類や大きさなどから、そしてご自分の手の大きさなどでも適した種類は変わってきますので、実際に店舗に行ってみて、触って確かめてみるのがおすすめです。
ステーキナイフに関して、最近では日本製で優れたものも数多く出てきていますが、やはり欧米などの製品がおすすめでしょう。日本に肉食文化が伝わったのは、欧米諸国と比較するとかなり最近のため、肉を切るナイフもあまり発達していない傾向にあります。逆に言えば、日本では古くから魚を食べており、特に刺身などは、包丁の質によって味が左右されるため、魚用の刃物の品質は他に類を見ないものがあります。魚用の刃物なら日本製、肉用の刃物なら欧米製のものを選ぶのが良いでしょう。
数ある中から、ご自分の用途に合った種類を選ぶのは簡単なことではありません。ですが、お肉の美味しさを最大限に引き出すためには、その苦労も必要不可欠でしょう。品質や違いをしっかり見極めて、最適なステーキナイフを選べるようにしたいですね。
いま人気の記事「飲食業界の革命児ジビエとは?ワインに合う人気ジビエの種類14選

-おいしいお肉

関連記事

東京でランチに肉を食べる

ビジネスマンや学生などランチに肉を食べる人が多くいます。特に営業で働いている人やスポーツをしている人などは体を動かすので体力をつける必要があります。確かにランチで肉料理を食べるのは少々お腹に重いかもし …

東京駅周辺で美味しい肉を探す

東京都は日本の首都であると同時に世界有数の大都市でもあります。東京都の人口はおよそ1300万人と膨大で、様々な商品やサービスに対する大きな需要が存在します。そのためデパートや駅ビル、スーパーなどの他に …

難波の肉について

大阪と言えばグルメの街で有名ですが、そのなかでもひじょうに大きな産業として、大阪の南に位置する難波が流行の最先端を走っています。特に現在の大阪では吉本のグランド花月があったり、また串カツ屋もたくさん立 …

富山県が誇る肉の魅力とは?

揚げても焼いても美味!ヒレ肉が旨すぎる国産豚銘柄8選も、要チェック! 食の宝庫である富山県の特徴とは 富山県は、標高3,000m級の立山連峰から、水深1,000mの「天然のいけす」と言われる湾を抱いた …

新潟県産の肉はここを狙え

近年はアミノ酸やビタミン類がたくさんある栄養豊富な食材として知られている肉の消費が増加しています。実際、多くのレストランなどの飲食店では様々な肉料理を提供し、人気のある料理の1つとなっています。牛や豚 …