おいしいお肉

富山県が誇る肉の魅力とは?

揚げても焼いても美味!ヒレ肉が旨すぎる国産豚銘柄8選も、要チェック!
食の宝庫である富山県の特徴とは
富山県は、標高3,000m級の立山連峰から、水深1,000mの「天然のいけす」と言われる湾を抱いた県です。この高低差4,000mの地形が生み出す変化に富んだ自然の宝庫は、四季を通じて新鮮で多彩な食材に恵まれています。特異な地形と豊かな自然の恵みを元に長い歴史の中で育まれ続けてきた多彩な食文化がこの県にはあり、海や野、山の幸、伝統的な郷土料理や地産の食材を活用した創作料理など職の魅力が満載に詰まった県であり、県内の人だけで無く、美味しい食の宝庫を求めて県外からも観光客が集まるスポットなのです。
県内で生産されるブランドポーク「とやまポーク」とは?
この県には、海や野の幸、山の幸などさまざまな美味しい食材に恵まれており、県内ではより魅力ある食材を生産する努力が続けられています。「とやまポーク」もその中の一つであり、こだわりのえさと恵まれた自然環境の中で、生産者が愛情と真心を込めて育んだジューシーで柔らかく、新鮮で安全なブランド豚です。
「とやまポーク」は9銘柄があり、それらの総称として呼ばれている名前です。厚みがありジューシーな旨味成分が高く、高品質のものとして評価が高い黒部名水ポークはテレビでも取り上げられている人気の銘柄です。その他には「タテヤマポーク」、「フクノマーブルポーク」「城端ふるさとポーク」「メルヘンポーク」「砺波市のたかはたポーク」「おわらクリーンポーク」「むぎやポーク」「地養豚(じようぶた)」があります。
これら9銘柄の「とやまポーク」の飼育方法にはさまざまな共通点と特徴があります。まずは、飼育する豚の種類と飼料のやり方です。飼料の組み合わせや配合率は生産者にゆだねられていますが、5つのステージに細分化して成長に合わせた飼料を与える仕組みで統一されています。また、県内唯一の処理施設で的確に処理されているために新鮮で衛生面や品質面が安定していることも魅力の一つです。また、県外から種豚を入れる際には、組合が運営している施設で1ヶ月間は隔離して病気をチェックしているために安心と安全、品質向上に効果を果たしているのです。
ブランド牛肉の「とやま牛」とは?
平成16年度に設立された「とやま肉牛振興協会」は、ブランド牛「とやま牛」を県内で12ヶ月以上飼育され、最長飼養地を富山県とする牛、社団法人日本角付け協会の実施する牛枝肉角付け規格3等級以上の牛と定義づけています。このブランド牛は、自然に恵まれたとやまの豊かな地形ときれいな水で育まれており、きめ細やかな舌触りと豊かな風味が堪能できるブランド牛です。肉質がよく、ステーキやしゃぶしゃぶなどにも最適で人気があります。更なる高品質のブランド牛を生産するために、米ぬかや粉砕したコシヒカリを与える試みも実施されています。

-おいしいお肉

関連記事

新潟県産の肉はここを狙え

近年はアミノ酸やビタミン類がたくさんある栄養豊富な食材として知られている肉の消費が増加しています。実際、多くのレストランなどの飲食店では様々な肉料理を提供し、人気のある料理の1つとなっています。牛や豚 …

肉の煮込みのレシピもたくさんある

肉にはいろいろな種類があり、それぞれ部位があります。煮込みにむいているものや焼くことにむいている種類などがあるので、それぞれレシピを参考にして作るといいです。(参考サイト:煮込み料理・シチューに適した …

健康に長生きをするために肉が役立つ

人間の平均寿命は右肩上がりに年々伸びていると言われています。そのため長生きをする人も多く、100歳超えという一世紀以上もの寿命を持つ人もいるほどです。しかし長生きをしても元気でなければいけません。では …

豚肉の等級と決め方の基準

普段美味しく食べている肉には等級があることをご存知ですか。スーパーによく販売されているものは、質の悪いものではありませんが、それ以上に良質な肉が存在します。専門店や、高級な店で食べられているものなどが …

奈良県で美味しい肉を食べる

奈良県は近畿地方の中南部にあり、面積は日本の都道府県の中でも8番目に狭く北西部の盆地を除いて険しい山が多い県です。内陸部にあるため海には面していません。また内陸部に存在する県の中では最小ですが、全国で …